ブログ

こんな所にも発泡スチロール!熊本編 PART-2

2022年11月15日

Pocket

こんにちは!
最近、朝晩過ごしやすくなってきた今日この頃、皆様どうお過ごしでしょうか?

今回は、前回に引き続き~恐竜展2022 IN熊本で使用されていた岩などの装飾品(発泡スチロールが岩に変化していく過程)などを少しばかり紹介していきたいと思います。

 

 

まず大きな四角い発泡スチロールの塊を作った後、岩の形へと削り出しを行われたそうです。
その後、何層にも色を重ねていき。。。

 

 

 

リアルな岩のできあがり!
裏側を見せて頂くと。。。
本当に発泡スチロールが心材であることが見てとれるかと思います。

ここからは某TV局様にお邪魔した時に過去に作成された発泡スチロール作品の数々が倉庫に眠っている所を撮影させて頂きましたので紹介していきたいと思います。

*所狭しと倉庫に片づけてあるものを撮影していますのであまり絵面が良くありませんが。。

 

 

 

写真右側の後ろから見た墓石の白い部分(塗布してない所)を見ると本当に心材には発泡スチロールが使用されている事が分かるかと思います。

 

 

 

どう見ても石にしか見えない左側の写真ですがズームした右側写真を確認すると。。。
白く見える部分は石が欠けていて、近くで見ないと分かりませんが心材が発泡スチロールである事が確認できました。

 

 

 

左側は発泡スチロールで作られた柱。
右側も同じく発泡スチロールで作られたレンガの作り物です。

どれも本物としか思えないほどのクオリティで圧巻でした!

普段TVなどで何気なく見かけているセットなども実は発泡スチロールが心材に使用されている事が多々あります。
今までとは違った目線でTVなどを見てみるのも面白いかもしれませんね。

発泡スチロールをご利用の際は、是非弊社までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせCONTACT

ご相談やご質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    092-432-8781

    電話受付時間:8:30 〜17:30 (土日祝日を除く)
  • FAXでのお問い合わせ

    092-432-8790

    FAX受付時間:24時間年中無休

Copyright (C) 発泡スチロール 大西化成株式会社 All Rights Reserved.