ブログ

こんな所にも発泡スチロール!【橋梁編】

2021年12月15日

Pocket

こんにちは!
前回と同じく営業部の方よりブログ掲載させて頂きます。
大西化成ではさまざまな発泡スチロールの商品を製造や加工をしています。
普段、皆さんが歩いたり、車で走行したりしている橋にも材料として(※図1,2参照)発泡スチロールが使われている事があるのですがご存じでしょうか?
今回はプレストレスト・コンクリート工場で橋梁の桁を製作する際に使われている発泡スチロール埋込型枠を紹介させて頂きます。
発泡スチロール埋込型枠は熱伝導率が極めて低く中空床版橋に使用されることの多い鋼製の円筒型枠には無い保温効果があり、温度ひび割れ発生のリスクについて検討した結果、非常に良い結果だった経緯から発泡スチロール埋込型枠は使われるようになりました。
桁の種類にもよりますが、プレテンション式スラブ桁もしくは、ホロー桁という橋桁を製作する際に使われ、コンクリート充填対策・床版の耐久性確保・温度ひび割れ防止対策・軽量化・人的工数削減・納期短縮等のメリットを生かすために多くのプレストレスト・コンクリート工場で使用していただいております。
橋梁等のプレキャスト化および標準化生産性向上検討委員会から発行された「橋梁等における埋設型枠・プレハブ鉄筋に関するガイドライン」の中にも発泡スチロール埋込型枠が紹介されております。

 

 

発泡スチロール埋込型枠の形状は下にある写真の様なホームベースの様な形をしているものが一般的で、長さや大きさは様々です。特注品で斜角がついた特殊製作品の依頼も来たりします。

 

 

大西化成㈱では発泡スチロール埋込型枠以外にも軽くて加工がしやすいという特性を生かして様々な加工品を作っており、建築や土木の分野や電化製品の緩衝材等幅広い分野に発泡スチロールが使われております。
近年では加工技術を生かして住宅の床下の断熱材のフルプレカットも行っています。
「こんな加工品は出来ないだろうか?」
「この様なところに発泡スチロール使えないだろうか?」
など、発泡スチロールに関するご問い合わせは、ぜひ大西化成にお問い合わせください。
社員一同、お待ちしております!

お問い合わせCONTACT

ご相談やご質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    092-432-8781

    電話受付時間:8:30 〜17:30 (土日祝日を除く)
  • FAXでのお問い合わせ

    092-432-8790

    FAX受付時間:24時間年中無休

Copyright (C) 発泡スチロール 大西化成株式会社 All Rights Reserved.