ブログ

世界基準の断熱技術 湿式外断熱施工

2023年03月15日

Pocket

こんにちは!
いよいよ桜も満開に近づき、すっかり春を感じる時期になってきましたね。

 

今回の内容は弊社のEPSを利用していただいた戸建て住宅の施工見学会にお邪魔させて頂きました。
現場の様子と、物件に採用されていた「湿式外断熱工法」について御紹介させて頂きます。
上記の工法は弊社とお付き合いのある宮崎の会社様にて展開している工法になります。
通気層を必要とせず内・外に異なる断熱材を用いたハイブリットな工法で、高い断熱性能と熱橋・結露を最小限に抑えることが出来ます。
宮崎の会社様は2010年より湿式外断熱工法を国内に先駆けで型式認定、防火認定共に単独で取得する事に成功しているそうです!

 

現場説明会では、宮崎より湿式外断熱工法の施工を多く経験されている職人さんをお招きし、実際にEPS断熱材を専用の金具で止めていく様子、施工時の注意事項についてご説明頂きました。

 

EPSを専用の金具でワッシャー留めしていき、円形のEPSで蓋をしております。
この作業をするかしないかで最終的に外壁材を塗装した後の仕上がりが大きく変わってくるそうです。

 

 

 

住宅の隅の部分に関してはEPSを千鳥(互い違い)に貼り付ける事で熱橋(熱の逃げ道)を作らない等細かな所にも工夫がされています。

 

弊社のEPSを使用した画期的な断熱工法を実際に見学させて頂く事で、現場だからこそ発見出来たEPSの取扱いに注意しておくべき事、新しい工法を知る事でEPSを断熱材としてお客様に新しい御提案が出来る様になりとても勉強になりました。

 

今後、断熱等級や省エネ等級が改定されていき、より一層住宅の気密性・断熱性等が注目されてくるので次世代の断熱仕様や今までとは違う施工方法を検討していく事はとても重要だと感じております。

弊社は、外張り断熱工法及び充填断熱工法にも適したあらゆる断熱材の提案、販売を行っております。是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせCONTACT

ご相談やご質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    092-432-8781

    電話受付時間:8:30 〜17:30 (土日祝日を除く)
  • FAXでのお問い合わせ

    092-432-8790

    FAX受付時間:24時間年中無休

Copyright (C) 発泡スチロール 大西化成株式会社 All Rights Reserved.