ブログ

発泡スチロールのリサイクル率は9割!

2020年11月03日

Pocket

 

こんにちは、大西化成の広報担当です。

プラスチックごみを減らすため、7月からレジ袋が有料化されました。発泡スチロールもプラスチックでできていますが、大西化成はじめ発泡スチロール業界は、長年リサイクルに力を入れています。

 

発泡スチロールのリサイクル率は約9割

発泡スチロールは、実はとてもリサイクル特性に優れた素材です。日本では使用済みの発泡スチロールの約9割が有効利用されています(発泡スチロール協会より)。

 

発泡スチロールはプラスチックに戻せる

弊社では福岡の工場で、不良品や使わなくなった発泡スチロールを減容機(発泡スチロールを入れて歯車で細かく砕き、熱で溶かして減容する機械)を使って再利用しています。

発泡スチロールを熱で溶かして減容し、厚み5㎝×幅10㎝×長さ1ⅿ位の減容樹脂のかたまりを生成します。その減容樹脂はさまざまなプラスチック製品に生まれ変わります。

 

 

発泡スチロール協会がリサイクルを推進

また、弊社はリサイクルを推進するJEPSA(発泡スチロール協会)に加盟しています。

大部分の発泡スチロールは、卸売市場やスーパー・デパート、飲食店、電器製品などの販売店、機器メーカーの工場などで容器や緩衝材としての使命を終えます。JEPSAではそれらのリサイクルのシステム作りや、JEPSAの会員企業が運営する「エプシー・プラザ」でのリサイクルに取り組んでいます。

お問い合わせCONTACT

ご相談やご質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    092-432-8781

    電話受付時間:8:30 〜17:30 (土日祝日を除く)
  • FAXでのお問い合わせ

    092-432-8790

    FAX受付時間:24時間年中無休

Copyright (C) 発泡スチロール 大西化成株式会社 All Rights Reserved.