ブログ

きっちりはめ込める発泡スチロール断熱材は、「内断熱工法」に最適!

2020年10月08日

Pocket

 

こんにちは、大西化成の広報担当です。今回は内断熱工法のお話です。

 

■内断熱工法とは?
躯体(建物の構造体)の内側で断熱する工法。昔から使われている、日本で一番多い施工 方法です。外断熱と違って、柱の間に断熱材を設置するので、外壁が厚くなるなどの影響 はありません。メリットとしては、外断熱よりも費用が安いこと。建物全体を覆う外断熱 と違い、部分的な断熱なので、その分コストが削減できます。

 

■発泡スチロール断熱材は床下断熱に多用
発泡スチロール断熱材は、主に内断熱で使われています。特に床断熱での使用頻度が高い です。
発泡スチロールは板状で、グラスウールなどの繊維系はロール状。ロール状のものを床下 に入れると、どうしてもたわんでしまいますが、板状のものを入れると、きっちりはまり ます。そのため、板状のものが床下断熱に選ばれる傾向があります。

 

屋根の断熱材としてもよく使用されています。ただ、壁は圧倒的にグラスウールなどの繊維系断熱材が多いです。壁は斜めに筋交いが入っていて、それに合わせて板状の断熱材を はめこもうとすると、カットやはめこみ精度が必要になります。ロール状の断熱材なら柔 らかく、押し込んでいけばいいので、よく使用されるようです。

 

 

大西化成では、発泡スチロール断熱材に加えてグラスウールなども取り扱っておりますの で、お気軽にご相談ください^^

お問い合わせCONTACT

ご相談やご質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    092-432-8781

    電話受付時間:8:30 〜17:30 (土日祝日を除く)
  • FAXでのお問い合わせ

    092-432-8790

    FAX受付時間:24時間年中無休

Copyright (C) 発泡スチロール 大西化成株式会社 All Rights Reserved.