ブログ

盛り土より軽くて丈夫!?土木分野で活躍する発泡スチロール

2020年03月05日

Pocket

 

こんにちは、大西化成の広報担当です。
今回は、発泡スチロールの土木分野での活用についてお伝えしたいと思います。
近年、発泡スチロールはマンションの地盤のかさ上げや高速道路の路盤(道路の表面と最下層の間に詰める砂利などの地盤)に使用されるなど、土木資材としての需要が高まっています。

 

これらの工法は、大型の発泡スチロール(EPS)ブロックを土やコンクリートの代わりに使うことから「EPS工法」と呼ばれています。
たとえばこの写真のように、屋上駐車場などの施工しにくい場所にスロープを作りたいとき、骨組みの中を全て土砂やコンクリートで埋めようと思うと、とても大変です。材料を運ぶには10トントラック車が何台も必要ですし、スロープ自体の重量も重くなってしまいます。

 

しかし、発泡スチロールならば軽くて運びやすく、設置もポンと置くだけ。骨組みの半分くらいの高さまで発泡スチロールを入れ、その上にコンクリートを流し込めばいいのです。

 

発泡スチロールの密度は土砂の約 1/100 と非常に軽量で、盛り土として充分な強度もあります。
EPS工法が1985年にノルウェーから導入されたとき、日本では「従来の土木工事の常識を破る画期的な工法」 と、大変驚かれたものです。

お問い合わせCONTACT

ご相談やご質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    092-432-8781

    電話受付時間:8:30 〜17:30 (土日祝日を除く)
  • FAXでのお問い合わせ

    092-432-8790

    FAX受付時間:24時間年中無休

Copyright (C) 発泡スチロール 大西化成株式会社 All Rights Reserved.